平置きの駐車場と建物所有目的の場合と土地を賃借する際の違いとは?

平置きの駐車場




Aさんの所有している土地をB氏が借りたいと申し出ました。

B氏は建物所有目的でその土地を借りたいとのことです。

Aさんは、他の人に対して別の土地を平置きの駐車場用地として賃貸はしていますが、建物所有目的として土地を貸すのは初めてです。

建物所有目的として土地を貸す場合の注意点はどんなところでしょうか?



「借地権」とは、建物所有を目的とする地上権または土地の賃借権のこと

 

平置きの駐車場として土地を貸す場合と、建物所有目的で土地を貸す場合と、土地を貸すということでいえば同じといえますが、この二つ、それぞれ適用される法律が異なるので注意が必要です。

建物所有目的とする土地の賃借権は「借地権」にあたり、借地借家法が適用されます。

一方で、平置きの駐車場としての土地の賃借権は「借地権」にあたらず、民法が適用されるのです。

借地借家法における土地の賃貸借期間は最短で30年

 

民法における賃貸借期間は最長で20年、最短に関しては制限がありません

一方、借地借家法では事業用定期借地権は例外として、借地に関しては最短期間で30年、最長期間の制限はありません

これは、土地を賃借した人がその借地上に建物を建て、そこに生活の拠点を置くなどのことを考えると、ある程度の期間権利を認めてあげる必要があるという考えがベースとなっています。

ですので、所有している土地を自分が使用するまで、平置きの駐車場用地等として賃貸し有効活用するのは、そこそこ気軽に行えたとしても、建物所有目的で貸す場合は慎重さが必要となるといえます。

借地契約の更新制度

 

また、建物所有目的の借地契約は期間を定めていないと期間30年の借地契約とみなされます

そして建物所有目的の借地契約は期間の満了時に、借地権者の請求や使用継続によって更新ができるという制度があります。

もし、賃貸人が期間満了時に契約を終了させたい場合には、遅滞なく異議を述べることが必要で、その際には正当な事由が必要となります。

ちなみに更新後の借地契約の存続期間は、1回目は最低20年、2回目以降は最低10年です。

結構な年月に及びますね。